取引先と打ち合わせする人たち

取引先を尊重することが利益に繋がります

ビジネスにおいて、利益に直結するサービスの利用者を丁重に扱うことは大切です。一方で、協力関係である取引相手との関係を良好に保つこともまた欠かせません。一般的な企業では、社員やアルバイトなどの雇用形態に関係なく、取引をしている企業の方々には丁寧に、敬意を払って接するように指導します。失礼があった場合、取引相手との関係に悪影響を与え、最悪の場合取引の解消という事態になりかねません。

取引先と良好な関係を保つメリット

なぜ取引相手との良好な関係を維持する必要があるのか。1番の理由は、自社の利益に繋がるためです。企業が他社と関わりを持つのは、何も好意を持っているからではありません。協力することで自社の利益になるためです。逆に言えば、現在の取引相手から取引解消を言い渡されれば、自社にとっては利益を失うことになります。このことから、自社の利益を考えた場合、取引をしている企業との関係を継続することは重要と言えます。

互いに利益があるという前提で、取引先との関係を維持する方法としては、ニーズに応える形でサービスを提供することが挙げられます。関係を結んだ当初から時間が経過すれば先方の環境は変化します。新たな環境に適応したサービスや製品を求められることもあるでしょう。そのようなニーズに応えることで、結果として自社の利益として還元されます。ただし、ボランティアではなく、あくまでビジネスだということを忘れてはいけません。いかに先方のニーズがあるとはいえ、自社にとって不利益になるようであれば、無理をして協力する必要はありません。その場合は、代替案などを出せることが理想です。

当然ながら、これまで提供してきたサービスの質を維持すること、向上させることも重要です。新しいサービスに注力するあまり従来のサービスへの対応が疎かになれば信頼関係が失われます。

日頃の付き合いも重要

青山花茂本店ビル
上質な胡蝶蘭のギフトを販売する青山花茂ビル。通販利用もできる

一見ビジネスには無関係と思える先方との日頃の付き合い方も、関係性に大きく関わる部分です。先方の社員が来社された際には挨拶をする、電話には丁寧に対応する、些細なようで当たり前のことができる会社かそうでない会社かは、自社の印象を決定づけます。

開業祝いや開店祝いといったビジネスシーンも、取引先と良好な関係を維持するために欠かせないことと言えます。ビジネスにおいては、先方にお祝いごとがあった時は、ギフトを贈り祝福をすることがマナーとされています。あくまで付き合いを続ける上での形式的な通例と捉える方も少なくありませんが、だからこそお祝いがない場合は、最低限のマナーさえ守れない企業という印象を持たれます。先方から新事業の立ち上げや新規店舗の開店などの話があった場合は、忘れずにお祝いのギフトを贈りましょう。

ビジネスシーンでのお祝いでは、胡蝶蘭のギフトが定番です。中でも青山花茂は、1904年に創業されて以降、最高級の生花を提供しているフラワーギフトショップとして有名です。取引先へのお祝いのギフトとしてご利用ください。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA