プレゼンするビジネスマン

マネージャーに求められる素質、コーディネート力とは

コーディネーターという言葉があります。意味としては全体を把握して適所に適材を配置するということです。マネージャーにはコーディネートする力が求められます。今は個人が重視される時代になっており、自分のやりたいことをやりたいという風潮があります。そして得意な分野で会社に貢献したいという願いを持っている人も多いのです。ですからこのことはすごく大事になってきますので、考えてみましょう。

10人10色と言いますが、細かく人を分けるのは難しいですが、大体四種類ぐらいには分けられます。まずは部下やスタッフの性格や長所、得意分野などを知るようにして、分析することが大切です。目標は適材適所です。最初はうまくいかなくても辛抱して様子を見守ることも大切です。焦っては成果を見ることはできません。

上司として、率先して仕事をして手本を見せることはもちろん大事ですが、一歩引いた立ち位置からスタッフや部下の様子や業務の進捗情報を見守り、助けが必要なときは手を出すことも必要です。コーディネートするわけですから、状況に応じて変化させる必要もあるでしょう。いずれにせよ、全体を見ることができる広い視野と的確な判断力が求められることがわかります。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA