マネージャーと部下

部下や同僚のモチベーションをあげるためのマネージャーの働き

モチベーションは、職務に対する意欲です。部下や同僚のモチベーションが高いと、活発な議論がなされ新しいアイデアが生まれて、仕事の成果が出やすくなります。反対に、モチベーションが低いとしぶしぶ仕事をしている感じになり、コミュニケーションも不完全で、仕事のミスが多くなったり休職につながったりして、非常にリスクの高い状態になります。

チームをまとめていくリーダー的立場のマネージャーは、どうやったら部下や同僚のモチベーションを高めることができるだろうと、日々考え実践しています。もともとモチベーションが高い人でも、しらけた雰囲気のチームでは、なかなか実力を発揮することが難しいかもしれません。つまり、チーム内の実力や価値観等のメンバー構成が重要になってくるということです。また、メンター役の先輩と新人の組み合わせも、相性等の配慮がいります。チーム内のコミュニケーションが活発になるように、ミーティングの回数や手法を工夫することもポイントです。

部下には、面談等を通して期待する役割を明確に伝え、いつでも相談にのるよという姿勢を見せて信頼関係を築くことが大切になります。仕事の方向性と方法が具体的になると、モチベーションは高まります。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA