オフィスの契約時に注意すべきポイント

オフィスを契約する際に注意しておくべきポイントは、まず費用に関することです。初期費用としては敷金と礼金が必要になる上に、契約を更新する際にも手数料が発生することが多いです。いざ支払いを求められて手痛い出費となってしまわないように、将来的に支払う分まで全て把握しておくと良いでしょう。中には特約で賃料が上がるパターンもあり、がんじがらめになるリスクも潜んでいます。

また契約をする前の段階であっても、解除に関することも考えておかなければなりません。契約は数年のサイクルが繰り返されることが多く、その区切り以外での解除では違約金が発生するものです。また一般的な住宅とは異なり、退去するためにあらかじめ申告をしておく必要がある点には要注意です。その期間としては大体3ヶ月や半年が目安となり、もし退去直前に申告をしたとしても、その分は家賃を支払わなければならないという状況になってしまうかもしれません。

さらに退去する際に欠かせない原状回復も、契約時に内容が決められることがあります。その時に確認をしていないと、本来は負担しなくても良い部分も負担するようなことになっているなどで、出費が嵩みかねないので注意しましょう。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA