物流業務

物流業務にかかるおもな費用とその削減方法

商品が製造者から購入者の元へ届くまでの過程を物流と言います。物流の業務には様々な作業が含まれますが、昨今は、運送会社による輸送費の値上げ要請によって、物流業務の中でも輸送にかかる費用が大きく上昇しています。

そもそも、物流業務にはどのような費用が発生するのでしょうか?内訳は以下の通りです。
・輸送費
・保管費
・荷役費
・包装費
・物流管理費

このうち、割合としては輸送費がもっとも大きく、次いで保管費、荷役費が大きいと言われています。割合が大きいだけではなく、人手不足の影響を受けやすいのもまた輸送費です。

スマートフォンが普及した現代は、気軽にインターネットを使用することが可能になりました。これに伴い、インターネットを介した通信販売の利用も増えています。自宅へ商品の配達を希望する方も増え、物流企業の需要はこれまで以上に高まっています。同様に運送会社の需要も高まっていると言える状況ですが、一方で、商品の運搬の担うドライバーは不足しています。需要に対する運送会社の供給が追い付いていない状況と言えます。これにより、運送費が値上げされています。

どのような企業であっても費用の削減は重要な課題ですが、ドライバーの不足が原因で費用が増えている物流企業の場合、輸送費を抑える方法でのコスト削減は望めません。そこで、他の費用を抑え、全体の費用を下げることが肝になります。

物流業務に発生する費用を削減する方法

配送する商品の量が増えるにつれて費用が嵩むのは包装費です。ダンボールやテープ、緩衝材など、1つひとつの費用が高額であればあるほど、全体の梱包費も大きく上昇します。逆に言えば、梱包材にかける費用を多少なりと削減できれば、商品が増えた際の影響を小さく抑えられるということです。購入者に対して安全に、完全な状態で商品を届けることは重要ですが、梱包が過剰ではないか、今一度見直してみることが勧められます。

費用を抑えるのではなく、作業の効率化を図ることによって、結果として費用削減に繋げるという方法もあります。例えば、物流企業は大量に所持する荷物を適切な場所に運び、保管することが求められます。これにより発注がされた場合も、最短の時間で荷物を購入者の元へ届けることが可能です。荷物の仕分け作業は「荷役」と言われます。荷役を効率化することによって、作業能率が上昇し利益の向上に繋がります。ミスが減れば、それだけ手間と時間も削減できます。これらも費用の削減に繋がります。

荷物の仕分けや保管を効率化するのであれば、フォークリフトの導入が勧められます。ただし、フォークリフトでは運転に免許が必要です。より多くの従業員が使用することを考えた場合は、物流機器専門店で販売されているハンドフォークリフトのほうがおすすめです。

今後、さらに物流企業の需要は高まっていくと考えられます。費用を削減する目的に限らず、より利益を向上させるためにも、今から作業を効率化する工夫をして、生産性を高めておくことが勧められます。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA