「新しい生活様式」に合わせた飲食店の取り組みや注意点

今年新型コロナウイルスが流行るなか、政府は国民に新しい生活様式を公表しました。例として人との間隔はできるだけ2m空ける、会話をする際は可能な限り真正面をさける、などの身近なものばかりです。当然、飲食店もこの新しい生活様式に特に影響そして、改善しなければいけません。理由として、人が集まりやすい場所の一つ、そしていろんな人が使うので万が一、ひとりでもウイルスにかかっていたら感染してしまいます。そのためにも、新しい生活様式にあわせ取り組まなければいけません。主な対策を4、5つほど説明します。

一つ目は椅子や座席を移動させ、客と客の間をとるようにします。二つ目は店内の入り口にアルコール消毒を客にしてもらい、そしてもちろん店員にもしてもらうことです。三つ目は店員の体調管理、日にちごとに体温を測っていくといいです。そして四つ目はマスクを必ず着用することです。ほかにも、空気清浄機を設置する、爪を必ず切るなど様々あります。最後に、一人ひとり新型コロナウイルスが感染するリスクにあることを身近に感じて働くことが一番重要だと思いました。ちなみに、看板などにコロナ対策をどのようにやってるか、また慎重にやっていますなどと表記すれば、客も安心して入ることができるかもしれません。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA