にぎわうカフェ

口コミを利用した集客が効果的です

集客方法の中でも、最近注目されているのが「口コミ集客」です。今や多くの方がインターネット上に掲載されている他の利用者の口コミを確認し、良い評価の店舗を優先的に利用しようと考えます。利用にあたって安心もできるため、多くの利用者に口コミをされている店舗は信頼しやすく、利用しやすいのです。評価が高ければなおさらです。そのため、口コミによる集客が注目されているのです。

口コミしてもらう3つのポイント

ただし、ただ待っているだけでは口コミを投稿してはもらえません。口コミしてもらいやすいような環境を作ることが大切です。以下に、3つのポイントを挙げました。参考にしてください。

1.覚えやすく分かりやすい店名にする

口コミをする時に、基本的には利用者はサービスを利用した店舗の名前を一緒に挙げます。しかし、店名が分からなければ記載できません。読んだ方にも店名が伝わらず、集客効果が薄れます。店名を記載してもらうには、記憶しやすいことも大切です。店名を忘れた場合、わざわざ調べてまで口コミに記載しようと考える方ばかりではないためです。デザイン性を重視して、看板などに英字のみで店名を書いている店舗がありますが、よほどの常連でなければ覚えられていない可能性が高いです。仮名を振ったり、レシートなどの別の場所で読み方を提示したりと工夫しましょう。

また、店名だけではなく、近くに分かりやすいスポットがあることも大切です。目印があると、利用者は店舗の場所を伝えやすく、聞いた人がお店を探しやすいため、行ってみようという気持ちになります。いろいろな面で伝えやすく、分かりやすく、覚えやすくを意識しましょう。

2.口コミしてもらえるように誘導する

良いサービスを提供しても、利用者が口コミをするとは限りません。口コミをするメリットを作りましょう。例えば、口コミを書くことでポイントの還元や、割引をすることで利用者はメリットを感じやすいです。口コミサイトだけではなく、SNSで評価をしてもらいやすい工夫も必要です。ハッシュタグなどを活用しましょう。

3.訴求しやすいサービスを作る

フルーツパンケーキ

お店の売りになるサービスがあれば、利用者は口コミを投稿しやすいです。印象に残りやすく、話題にしやすいというメリットがあります。例えば、他の店舗よりもおいしい、やボリュームのあるパンケーキなど、印象に残るパンケーキ商品を販売していれば、パンケーキの話題になった時に「そういえば」と話にしてもらえる可能性があります。オンライン上の口コミにおいても、どのサービスについてコメントをすれば良いか分かりやすいです。

口コミはただもらえば良いものではなく、「高評価」をもらわなければなりません。そのためには、顧客1人ひとりに真摯に接する必要があります。例えば、飲食店への飲食物の持ち込みに対して、なぜ持ち込みができないのかを説明するのと、ただ禁止だと伝えるだけでは前者のほうがお客に納得してもらいやすく、印象も良くなります。ものの扱い方や挨拶の仕方、服装など、様々な面が印象を左右します。一見サービスには関係ないと思われる部分にも注意することが大切です。投稿された口コミに対して丁寧に返信をすることも集客効果を高めます。また、もしも低い評価をもらった時も、謝罪をしたり、改善点を伝えたりと、誠実な対応をすることが大切です。

MEO施策上でも口コミは重要

Googleマップ上にWebサイトを上位表示させるMEOの施策においても口コミは大きな意味を持ちます。というのも、Googleマイビジネス内の口コミが多いと、Googleから優良な店舗と認識され、上位に表示されやすくなるためです。Googleマップ上にWebサイトが表示されることで、さらなる集客効果を見込めます。MEOと口コミの関連性は、こちらのMEOに関する情報サイトで詳しく解説されています。

Comments

No comments yet. Why don’t you start the discussion?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA